夢ノートの書き方【秘密のコンテンツ】無料プレゼントはコチラ

【脳波計muse】の使い方や効果をレビュー|瞑想の効果を高める

豊かさの引き寄せ方

こちらの記事では、
脳波の状態を可視化・記録できる
脳波計museについて解説をしています。

より良い瞑想や
マインドフルネスの状態を
作り出すためのツールとして注目されています。

この記事をオススメする人
  • 脳波計の購入を検討している人
  • 脳波計museでできることを知りたい人
  • 脳波計museの効果を知りたい人
  • 脳波計museの使い方をしりたい人

脳波計museとは?

仕事のパフォーマンスを向上させたり
心の健康のために瞑想を生活に取り入れました。

瞑想により脳波の状態を良くすることで
質の高い日々を過ごすことができます。


しかし、瞑想をしてはいますが
果たして本当に脳波の状態が変化しているのか

質の高い瞑想ができているのかを
自覚することができません。


このように脳波の状態や
瞑想の質を客観的に
測定することができるツール

今回紹介する

脳波計muse(ミューズ)

です。

museのシリーズには、

○ muse
○ muse2
○ museS

があり、僕が購入したものは「muse2」という商品になります。


脳波とは?

僕たちはその場の状況や感情によって
脳波の状態が様々に変化します。

γ波(ガンマ波)  30Hz~
β波(ベータ波)  14~30Hz
α波(アルファ波) 8~13Hz
θ波(シータ波)  4~7Hz
Δ波(デルタ波)  1~3Hz

危機にさらされた時の脳波

リラックスした時の脳波

この2つでは脳波の状態は異なります。

このように環境や状況によって脳波が変化するのは
僕たちが環境や状況の変化にいち早く反応し
自分の身体や生命を守るための機能だと言えます。

現代人は24時間の多くを
ベータ波という脳波の状態で過ごしています。

ベータ波は緊張・警戒状態の時に発生する脳波です。

逆にリラックスした状態で発生する脳波が
アルファ波やシータ波です。

このリラックスした状態がより良い知的活動を促進したり、
心の健康を保つ上で大切になります。


museを使うことによりこの脳波の状態を
客観的に測定することができるようになります。




脳波計museの使い方

脳波計museの使い方1 公式アプリを入れる

museを使用するためには、公式のアプリが必要となります。

無料ですので、ストアからダウンロードをしてください。



脳波計museの使い方2 アカウントを取る

アカウントの作成には、メールアドレスが必要です。
自分自身のパスワードを決めてアカウントを作成してください。

脳波計museの使い方3 スマホとペアリングする

museとスマホ・タブレットを
Bluetooth経由でペアリング設定をしてください。

脳波計museの使い方4 瞑想の準備・設定をする

アプリを立ち上げたら
瞑想の設定をします。

○ 瞑想の時間
○ 瞑想のBGM
○ エクササイズの種類

を設定することができます。
設定を終えたら「Start Session」をします。


設定を完了すると、museとの接続が始まります。

その後、4つのセンサーが瞑想の状態を読みとれているかの
チェックが行われます。

センサーのチェック後に
キャリブレーション(調整)が行われます。


脳波計museの使い方5 瞑想をする

瞑想が始まったら、気持ちを落ち着けましょう。

脳が活発な状態では
強風の音が聞こえてきます。

脳波が落ち着いた状態では
風の音が止み鳥のさえずりが聞こえてきます。


の鳥のさえずりが聞こえる状態を
維持しながら瞑想を続けていきましょう。


脳波計museの使い方6 記録を見る

瞑想の時間が終了すると、
瞑想の自己評価やコメントを入力します。

そして瞑想の記録グラフ化されて表示されます。
グラフの下にある数値について解説をします。


脳波計museの記録の見方1 MusePoint

瞑想中、脳波がNatural・ Calmの状態でいるときに毎秒ポイントが付加されます。
Naturalの時に1ポイント、 Calmの時に3ポイントずつポイントが付加されます。
このポイントが多いほど質の高い瞑想ができたことを意味します。

脳波計museの記録の見方2 Recoveries

瞑想中、脳波がActiveからNaturalに回復したことを示します。

脳波計museの記録の見方3 Birds

鳥の声が聞こえましたか? あなたの瞑想がCalmの時に、鳥の声が近づきます。
この状態を維持できるように瞑想をしていきましょう。

このように毎日の瞑想の記録が蓄積されていきます。
自分自身の瞑想の傾向などを知ることができると思います。

脳波計museのメリット

脳波計museのメリット1 瞑想の効果を可視化できる

良い瞑想ができているつもりでも
実は脳波は活発だったり、

逆にイマイチかなと
思っていても脳波的にはリラックス
できていたり。

瞑想の質の良し悪しは正直
体感として捉えるのは難しいものです。

しかし、museを使うことによって
瞑想の質を可視化できることで、
良い瞑想状態と言うのものが
少しずつ分かってきます。

脳波計museのメリット2 瞑想の記録ができる

瞑想の記録がアプリで取れるのは非常に便利です。

日々の瞑想の時間や質をグラフ化してくれるので、
自分の脳波が良い日の傾向や時間帯を知ることができます。



脳波計museのメリット3 瞑想の質の向上や習慣化

僕たちは何か新しい習慣を取り入れる時に
何か成長やメリットを感じないと
継続することが難しいものです。

museを使うことにより
自分の瞑想の質を可視化できることや
評価してくれる機能によって

瞑想の質が結果的に向上したり
習慣化する
ことができるようになります。

何もなく我流で瞑想を続けるより
museを使う方が質の高い瞑想を継続することができると思います。

脳波計museのデメリット

脳波計museのデメリット1 頭にフィットさせるのにコツ

museは様々な頭部のサイズに合わせられるように
アジャスター的に調整ができるようになっています。

muse2の場合は4つのセンサーがありますので、
この4つのセンサーが全て脳波を適切に測定できる
位置やサイズに装着することが重要です。

瞑想の途中で脳波計がずれてしまったりすると
瞑想が中断されてしまうので、
装着にはちょっと慣れが必要です。


この関係でmuseとmuse2は
ベットなどに横になって使用することができないのも
デメリット
かもしれません。

脳波計museのデメリット2 キャリブレーションに時間を要する

瞑想をやろうとmuseを装着し
アプリの設定をし
5つの脳波が適切に検出されるように位置調整をしたあと
キャリブレーションが行われます。

このキャリブレーションが終わるまでに
少々時間が必要で

結局瞑想を始めるまでに、
時間を要してしまう
という点は
今直ぐに瞑想をしたい時にはもどかしさを感じます。

脳波計museのデメリット3 日本語対応していない

museのアプリの文字表示・音声は英語です。
日本語に対応していません。

ですから、英語が苦手な方は少し操作に慣れるまでに
下調べが必要になるかもしれません。

このあたりの不便さを解消するために、
以下、アワードの英文訳を掲載しておきます。

脳波計muse アワード解説

museは瞑想の内容によって
アワード(賞)を手に入れることができます。

日本語しか対応していないので
英語が苦手な僕は
アワードをもらっても
喜んでいいのか分からない時がありました。

どのような内容の賞なのかを紹介します。
参考にされてください。

もしかすると
これ以外のアワード(賞)があるかもしれません。

エデンの鳥賞

あなたは1分間あたり少なくも2羽の鳥を獲得しました。それは南アフリカにある世界最大の鳥小屋である『バーズオブエデン』にいるような感覚になったに違いありません。

鳥小屋賞

あなたが瞑想で過ごした毎分、少なくとも1羽の鳥が近くで歌っていました。
鳥が歌うとき、あなたは賞賛を受け入れて集中し続けることができますか?
それとも興奮してすぐに精神状態を乱してしまいますか?

問題解決者賞

私たちは常に技術の向上に取り組んでいます。
それにも関わらずmuseの信号品質の問題によって
瞑想が中断されたことに変わりありません。
ご不便をおかけしたことをお詫び申し上げます。
合わせてご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。

静けさ賞

あなたはどう感じていますか?
1回の瞑想で3分以上落ち着くのは良い気分です。
誰もが気が散ることがありますが
あなたがそのような状態を抑えたい時に抑えることができれば
それは信じられないほど有効なスキルとなります。


彷徨い賞

この瞑想の終わり頃に
あなたの心は彷徨い始めました。

ですが心配しないでください。
それは全く自然なことです。

これは振り返って考える絶好の機会です。

瞑想が進むにつれて何が変わりましたか?

落ち着き賞

この瞑想の1分間以上、あなたは落ち着いた状態にありました。

この成果は、あなたのやる気を引き出すのに役立ちます。

あなたがこの5分間を瞑想に取り組んだことを忘れないでください。

それは最も重要なことです。

明快賞

あなたは落ち着いた心の状態で5分間以上過ごしました。

かなりの偉業です!

短い時間を指すのに「5分間」と否定的に言うことがあります。

時間の経過が明快に非常に異なるように感じることがあるということに注目しましょう。



脳波計museのまとめ

それでは、最後に脳波計museについてまとめをします。

museは脳波の状態を可視化してくれるデバイス。
瞑想の質を高めるツールとして有効。

museのメリット
  • 瞑想の効果を可視化できる
  • 瞑想の記録ができる
  • 瞑想の質の向上や習慣化が可能
museのデメリット
  • 頭にフィットさせるのにコツが必要
  • キャリブレーションに時間を要する
  • 日本語対応していない

総合的に見て、手軽に脳波の状況を可視化できる点、
瞑想を習慣化できる点において
museは優れた商品であると思います。

商品リンクを掲載しておきますので、
ぜひ参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました