夢ノートの書き方の秘密【無料プレゼント中】

●早起きを習慣化する思考術|自由な時間の増やし方

限定記事

※こちらの記事は当サイトからオススメ教材を購入していただいた方限定で公開しているコンテンツです。教材の紹介は下記のリンクで行っておりますので、興味がある方はご覧ください。



早起きを習慣化する思考術|自由な時間の増やし方

「早起きを習慣化する思考法」をご覧いただきありがとうございます。
記事を作成させていただきました、しい(Sea)と申します。

この記事では、あなたが早起きを身に付け、自由な時間を確保したり、時間の質を高めたりすることをお手伝いするものです。

本レポートを書かせていただいているしい僕も布団大好き人間の一人ですが、自由な時間の確保やより質の高い仕事をしたいという夢をみて早起きに取り組んできました。

多くは失敗に終わりましたが、早起きに必要な要素が理解できるようになり、平日も休日も4時~5時に起床することができるようになりました。

この記事では、こうした私の経験を交えながら、早起きを習慣化するためのマインドセットやメソッドを公開しています。

ただし、このレポートでは、

・ 夜更かししてでも早起きがしたい。
・ 4時間だけ寝れば十分な体質になる。

など、睡眠時間を削るような情報は一切ありません。

そういった内容を求める方には向いていませんので、本記事を閉じることをお勧めします。

それでは、どうぞ最後まで楽しみながらお読みください。

早起きに最も必要なものは何か?

画像1

「早起きをしよう!」と決意して次のようなものを購入したことはないでしょうか?

1 目覚まし時計
 大きな音の目覚ましなら起きるだろう。

2 良い寝具
  良い寝具でぐっすり寝れば、朝はスッキリ起きられるはずだ!

3 サプリメント
 睡眠の質を高めるサプリメントで目覚めが良くなるはずだ!

4 書籍・情報商材(DVDなど)
 これを学べば4時間寝るだけで大丈夫な体質になれる!


これから紹介する早起きに関するメソッドやマインドセットは、こうしたものを必要としません。

記事の後半で、おすすめのアプリやデバイスなども紹介しますが、絶対に必要なものではありません。
ですので、お金をかけることはされなくて大丈夫です。

なぜならば、早起きに必要なのはモノではありません。

このレポートの結論を先に申しますと、タイトルにもあるように、

早起きに最も必要なのは、「考え方(マインドセット)」です。

「早起きに必要な思考法」を身に付ければ、あなたの行動が変化し、習慣を変容させることができます。

この記事は読み進めるうちに、あなたの脳に「早起き思考」をインストールできるようになっています。

それでは次の項目に進んでいきましょう。

早起きできない原因

画像2

早起きを決意しても、なぜ早起きができないのでしょうか。

それは、あなたの内面や環境に早起きを阻む要素(ブレーキ)があるからです。

大事なのは、これらのブレーキをどうすれば自分は外せるだろうと考えることです。

早起きを阻害している5つのブレーキは以下のものがあります。

※これ以降は当サイト紹介の教材を購入された方が閲覧可能です。

パスワードを入力してOKを押してください
タイトルとURLをコピーしました