夢・願いを叶えるノート術02|潜在意識は繰り返されるものを重視する

豊かさの引き寄せ方

こちらの記事では
潜在意識の性質を利用した
夢ノートの効果的な書き方や使い方を解説してます。

今回は潜在意識の特徴の一つである
「繰り返されるものを重視する」
ということを夢ノートに
どのように利用していくと良いのか
について解説をしています。

【動画版】夢・願いを叶えるノート術|潜在意識は現実と想像を区別できない

【夢ノートの書き方・使い方】効果を高める潜在意識の秘密02

繰り返さるものを重視するとは?

夢ノートについての報告には夢ノートに書いたことが忘れた頃に
自然と夢が叶ったというものもあります。

これはこれで素晴らしい事例だと思うのですが
潜在意識の繰り返されるものを重視するという
特徴を生かすのであれば
夢ノートは1度書いて終わりにするのではなく

毎日書き込む 繰り返し見返す方が
効果が高まるこということになります。

毎日夢ノートに触れる
これは比較的意識している方が多いとは思います。

ポジティブを繰り返す

夢ノートを書く時間をポジティブな時間にしましょう。

ですので夢ノートを書く時間は
自分だけの時間や空間を確保して
ポジティブな時間を多くの方は
過ごせているのではないかと思います。

もしかするとここからは

できていない方が多いかもしれませんので
注意して聞いていただいと思います。

毎日1時間気持ちよく
夢ノートを書く時間を確保しているとします。

ネガティブを繰り返していないか?

しかし、1日の残りの23時間が
ネガティブなものを
繰り返しているのであればどうなるでしょうか?

潜在意識は当然1時間の夢ノートの時間よりも
23時間のネガティブなものに
大きく影響されてしまうということです。

ですから夢ノートの効果を高めるためには
夢ノートの時間だけを大事にするだけでなく
毎日の生活の中で繰り返されている

ネガティブなものを無くす工夫をしていく必要があるということです。

例えば毎日履く靴がボロボロであれば
出かける度にセルフイメージが下がってしまうかもしれません。

だったらその靴を磨いたり買い替えた方が良いでしょう。

自分の部屋や職場の机の上が散らかっていて

それを見る度にネガティブになるのであれば
片付けをしたり
ものを減らしたりする必要があるでしょう。

あなた毎日接する、場所、もの、人などの中で
ネガティブな感情を抱いてしまうものがあるのであれば、

手放せるものは手放し
どうしても手放すことができない場合は
接する時間を減らす工夫をしていく必要あります。

ポジティブを繰り返す工夫を

逆にポジティブな感情になることは
ぜひ繰り返し繰り返し
それを味わえるような工夫をしてみると良いと思います。

美味しいものを食べたら写真を撮る
そしてそれを後から見返す

毎日ランニングをして達成感を味わう

人から褒められた言葉を書き留める

それをいつも手帳に入れておく

毎日大好きな人との会話をする時間を大切にする

あなたの気分が良くなるルーティンを
一日の中に位置づけるようにしてみてください。

繰り返されるものを重視するまとめ

最後に今回の「潜在意識は繰り返されるものを重視する」
という特徴を生かした夢ノートの効果を高める方法をまとめてみましょう。

1 夢ノートを1度書いて終わりでなく繰り返し追記したり見たりする。

2 毎日繰り返されているネガティブな場所・モノ・人などを失くす、距離を置く。

3 ポジティブになれるルーティンを一日に位置づける。

ぜひこの3つを取り入れていただければと思います。
夢ノートの効果が高めることができるはずです。



タイトルとURLをコピーしました