夢・願いを叶えるノート術01|潜在意識は現実と想像を区別できない

豊かさの引き寄せ方

こちらの記事では
潜在意識の性質を利用した
夢ノートの効果的な書き方や使い方を解説してます。

今回は潜在意識の特徴の一つである
「現実と想像を区別できない」
ということを夢ノートに
どのように利用していくと良いのか
について解説をしています。

【動画版】夢・願いを叶えるノート術|潜在意識は現実と想像を区別できない

【夢ノートの書き方・使い方】効果を高める潜在意識の秘密01

「現実と想像を区別できない」とは?

潜在意識は五感を通して常に現実を認識しています。

ところが潜在意識は現実ではなく
実際には起きていない想像した内容も
現実と同じように認識してしまう
という特徴があります。

夢が現実した状態を想像することで
潜在意識はそれが実際にあったこととして
認識して取り入れてしまうということです。

この潜在意識の特徴を使って
望むイメージを潜在意識に書き込むことができます。

イメージしながら夢ノートを書く

ですから夢ノートを書く時や見る時には
ただ文字情報として認識するのではなく
叶った状態をイメージするということが大切になってきます。

例えば「南の島に旅行に行きたい」
という夢であれば

季節はいつなのか?
誰と一緒に行くのか?
どんな景色が見えるのか?
どんな食事をしているのか?
ホテルの部屋には何があるか?
どんなアクティビティーを自分は楽しんでいあるのか?

こういったことをイメージをしながら
夢ノートを書いたり見たりすることで
潜在意識に働きかけることができるようになります。

もしイメージや想像することが苦手な場合には
夢ノートに文字情報だけでなく

・写真やイラストを入れる
・理想が叶ったつもりで日記を書いてみる

というのも
イメージ力を高める事に繋がります。

「現実と想像を区別できない」の活用方法のまとめ

最後に今日からできる
夢ノートの書き方・使い方のポイントということでまとめてみます。

「潜在意識は現実と想像を区別することができない」という特徴があります。
これを生かして夢ノートを書くときには次の3つのことを意識して見てください。

1 夢ノートの内容を文字情報と捉えるのでなく内容をイメージすること

2 イメージを膨らませるための写真を貼ったりや絵を書いてみること

3 夢が叶ったときの季節、場所、傍にいる人をイメージして想像に浸ってみること

ぜひこの3つを意識して夢ノートを書いてみていただければと思います。



タイトルとURLをコピーしました