●潜在意識を活用して引き寄せた「運を逃してしまう」たった1つの理由

こちらの限定記事では、潜在意識を活用しても知らず知らずのうちに幸運を逃してしまう理由について解説をしています。
また、運気を逃さないための習慣作りについても解説してますのでどうぞ最後まで楽しんで読んでいただければと思います。

引き寄せた運を逃してしまうたった1つの理由

潜在意識や引き寄せの法則について学び始めめると、明るい未来や期待感に心が弾みます。

「これで幸せになれる!」
「これでお金を引き寄せるよう!」
「明日から勉強をしよう!」

目標を描き、成功している自分の姿を想像してワクワクします。

しかし、そこから数日、数か月後…引き寄せの法則を上手く使えずあきらめてしまう人たちが人たちがいることも事実です。

引き寄せの法則は確かに魅力的で、禁じられた魔法を知ったかのような感覚にさせてくれますが、ファンタジーの物語に出てくるような魔法ではありません。

引き寄せの法則はある意味では魔法と言えますが、もっと現実的なものです。

例えば「100万円がほしい」という夢や目標を描きます。

夢や目標を描くというのは、潜在意識を活用する上で非常に重要なことです。

「~がほしい」「~になりたい」と引き寄せるものを設定することを「オーダーする」と言います。

オーダーしたものが手に入る段階のことを「受け取り」と言います。

ファンタジーの世界であれば魔法で今すぐ100万円を目の前に生み出せるでしょう。
ファンタジーの世界では「オーダーと受け取り」には瞬時に可能でありラグがありません。

しかし、私たちの住む現実世界では、ご存じのように100万円を今すぐ生み出せません。

100万円欲しいと毎日手を合わせて、ただ時間をかけて祈っていても現実は変わりません。

「オーダー」と「受け取り」の間にはいくつかの段階があります。

そしてその段階を一つ一つを経ていった結果、あなたのオーダーしたものが引き寄せられるのです。

このいくつかの段階のことを「小さな引き寄せ」とここでは名付けることにします。

このレポートは「潜在意識を活用して引き寄せた運を逃してしまうたった1つの理由」を解説するものです。

早速結論から申し上げますと、せっかく引き寄せている運を逃してしまう理由は、

「小さな引き寄せを逃している、無視してしまっている」

ということなのです。

「小さな引き寄せ」とは、具体的に言うと、

アイディアだったり

情報だったり

人との出会いだったりします。

先ほどの100万円が欲しいという話で言えば、

100万円を手に入れるための
情報
アイディア
人とのつながりが引き寄せられてきます。

それらの中には一見、今のあなたには、100万円とは関係のなさそうなものも入り混じっています。

そのため多くの人は、

「今は時間がないし忙しいから」
「これは自分に関係がない」
「これは自分には向いていない」
「何だか面倒」

という心理に負け、小さな引き寄せを「受け取り損なってしまう」のです。

そして最終ゴールの100万円も「受け取ることができない」ということになるわけです。

これが、潜在意識を活用して引き寄せた運を逃してしまうたった1つの理由です。

「小さな引き寄せ」をつかむために

では、どうすれば「小さな引き寄せを受け取る」ことができるようになるのでしょうか?

答えは凄くシンプル…「すぐやる」ということです。

潜在意識にオーダーをすれば、受け取りにつながるアイディアや情報、人が引き寄せられてきます。

先ほどの100万円が欲しいの話で言えば、

A 自分のお金の使い方に問題がないかな?
B 良い副業はないだろうか?
C 株の勉強でもしようかな?

などというアイディアが例えば引き寄せられてきます。

アイディアが生まれたら、何をすべきか。

そうです、「すぐやる」のです。
特にAのようなお金のかからないことはすぐにやるべきです。

「閃いた時が最大の引き寄せ時」です。

これは、僕がこれまでいろいろなことを引き寄せてきた経験の中で大事にしている考え方の一つです。

閃いたアイディアは、その瞬間が一番鮮明なのです。
閃いた瞬間が一番ワクワクしやる気が最高潮なのです。

残念ですがこのアイディアの輝きややる気は時間とともに熱を失ってしまいます。

僕自身やらずに後悔した経験が多々あります。

やらないことは大きな損失です。

ぜひ、アイディアは閃いたらすぐに行動するということを身に付けていただきたいと思います。

アイディアだけでなく、情報や人とのつながりについても同じことです。
情報を得られたら、必ず記録をする。
人との出会いのチャンスはそのタイミングを逃さない。

こうした「すぐやる」という習慣により、せっかく引き寄せた「小さな引き寄せ」を無駄にすることのないようにようにしてほしいと思います。

「すぐやる」体質になるために

そうはいっても、「すぐやる」ことが難しいというのが人間だと思います。

ですから参考までに「すぐやる」ことを習慣するためのアイディアをいくつか紹介しておきたいと思います。

もちろんこれで全てではありませんし、全部やっていただく必要はありません。

向き不向きもあるでしょうから、ご自身に必要なものや合ったものを取り入れていただければと思います。

(1)十分な睡眠をとる
自分の体調・コンディションを常に良い状態に保つというのは非常に重要なことです。

心と体はリンクしていますので、体のエネルギーが低いと「やる気」が出ません。

アイディア・情報・人という「小さな引き寄せ」は、コンディションが悪ければ気付くことも受け取ることもできません。

しっかりと睡眠をとり、「小さな引き寄せ」が来たタイミングで「すぐやる」ためのエネルギーを高めておいていただければと思います。

睡眠の質を高めるメソッドだけでも膨大な1冊の本にできます。

夜は食べすぎない、遅くまでスマホを見ないなどの大事なことを学び、睡眠の質を向上させてみてください。

(2)不要なもの・情報を失くす
例えば貯金を増やすというオーダーをして「節約の方法について調べよう」というアイディアを閃いたとしましょう。

そこでインターネットを開くと、面白そうな広告が目に入ってしまい、節約に関係のない情報をついクリックしてしまい、当初の目的を忘れてしまう場合があります。

このように本来やるべき行動をとった時に、その行動を阻害するものが私たちの周りにはあります。

それは広告とは限りません。
メールやSNSの通知かもしれませんし、ニュースかもしれません。

散らかった机やクローゼット、不要な雑誌や書類などの具体的な物質である場合もあります。

皆さんの身の回りにある不要なものが、あなたの本来のやる気を奪ったり、本筋とは関係のない誘惑となるものが存在します。

ぜひ、あなたの行動を阻害している原因となりうる、身の回りの不要なもの、不要な情報を触れない仕組みを工夫してみてください。

(3)時間がないと思う
すぐやらない人の特徴として「時間がある」と思っているということが挙げられます。
(ただそういった人たちの大半は本人たちは自覚症状がありません。本人としては忙しいと思っていますし、時間が足りないと思います)

僕も企業で働いていますが、毎日残業している人ほどはっきり言って仕事が遅いです。
その人たちの思考の特徴は、「定時以降も仕事ができる」という習慣が染みついているということです。

ですので決断や行動が非常に遅いです。

逆に育児などで早く帰らないといけない人ほど、仕事も早く仕事の質も高いです。

時間をかければ仕事やアウトプットが高まるというのは錯覚です。

だらだらと時間をかけて作ったものより、短時間で集中して作ったものの方が質が高いことはよくあることです。

僕はよく「何でそんなに仕事が早いのですか?」と言われます。

僕は本業の仕事が自分の人生の全てだと思っていません。

一刻も早く仕事を早く終わらせて、自分のやりたい未来づくりのために時間を使いたいと思っています。
(もちろん早さだけでなく質の高さ正確性が重要であることは当然です。ミスや失敗のリカバリーは更なる時間のロスにつながることが分かっているからです)

だから、いつも時間が足りないと感じています。

こういった感覚が、最速の仕事を生み出し「すぐやる」体質に影響しているのです。

(4)シンプル化・パターン化する
やる気というのは、電池と同じで消耗していくものです。

例えば未来の自分のために英語の勉強をするということを始めたと思います。

この時大事なのは、勉強を開始するまでのステップを必要最小限にすることです(シンプル化)。

勉強を始めた時に「単語の学習を先にしようか、それとも講座映像を見ようかな?」など、本当に勉強の本筋に関係のないことを考えたり決断をしてしまうことは、やる気を消耗していくことにつながります。

よく聞く話ですが、勉強の前に机の片づけをするのは最悪です。
片付けでやる気のエネルギーは完全に浪費されてしまいます。

学習を始める時は、例えば

1 動画の音声を聞く
2 練習問題を解く
3 単語を覚える
4 次回やるページを決めておく

などのように、毎回の順番を決めておくことで、余計な思考や判断をする必要がなくなり、無駄にやる気を消耗せずにすむのです(パターン化)。

勉強にかぎらず、あなたの目標を達成するための日々の行動をシンプル化・パターン化してみてください。

さいごに

さて、ここまで「潜在意識を活用して引き寄せた運を逃してしまうたった1つの理由」について解説をしてきました。

オーダーから受け取りまでの間にある「小さな引き寄せ」

これを「受け取る」ことができないことが引き寄せの法則を生かせない理由ということを述べてきました。

そして、「小さな引き寄せ」を受け取るには「すぐやる」ことが重要であることをお伝えしました。

具体的な方法として、

・十分な睡眠をとること
・不要なもの・情報を失くす
・時間がないと思うこと
・シンプル化・パターン化

などの提案をしてみましたがいかがだったでしょうか?

この他にもいい方法はありますのでご自身に合ったやり方を見出していただければと思います。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が、あなたの引き寄せの法則や潜在意識を上手く使いこなすための手助けとなることを祈っています。